瀬戸だより 380 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

380号「ドングリをたくさんひろう」という話

2013/09/28発行



sd380.jpg

今年は大量に収穫!

 すっかり朝夕は冷え込む日も多くなり、季節は確実に秋に移ったようです。

 今週末はせともの祭に続き秋の瀬戸の人気イベント「来る福 招き猫まつりin瀬戸」は28日土曜日・29日日曜日に行われます。今回で18回目となります。

 毎年、全国の招き猫作家が製作した100点の作品を展示、人気投票で「にっぽん招き猫大賞」を決定する「にっぽん招き猫100人展」が瀬戸蔵4階で開催されます。毎回楽しみに拝見しています。
 市内のお店では「福々ランチ」を用意しています(詳しくは上記のリンク先でご確認ください)。オリジナルの猫の器がお持ち帰りになれます。
 また、今年も無料の猫メイクは行われますよ!知らずに瀬戸を訪れると街中ですれ違う猫メイクの人たちにびっくりすると思います!
 土曜日から私も出掛けますよ‥‥と言いたいところですが、瀬戸市内の小学校は今日の土曜日が運動会という学校も多く、うちの子どもの学校も今日が運動会。行けるとしたら日曜日ですね。日曜の方が混むんじゃないでしょうか。


 さて、昨日はドングリをたくさん拾ってきました。
 いくら秋が来たからといっても、大人がいったいドングリ集めて何を喜んでいるんだ?‥‥と言われてしまいそうですが、それがせともの作りに欠かせないものなのです。

 ドングリでもいろいろ種類があるのですが、集めるのはクヌギ。しかも必要なのは実ではなくハカマの部分(実に付いているモシャモシャしたやつ)のみです。
 これを水に沈めておくと、黒い液になってきます。昔から瀬戸では焼きあがった織部の酸化皮膜(窯から出た織部はギラギラした皮膜に覆われています)の除去にこの液を使っています。一晩この液に沈められて処理されます。最近では塩酸などでこの処理を行う方も多いようですが、昔ながらの方法が私は好きです。
 また、この液に漬けることにより貫入にシブを入れ、汚れを防ぐとともに貫入による独特な風合いを出します。
 貫入の美しさが特徴の相馬焼の窯元に聞くと、このドングリのシブ入れは知らないそうです。相馬焼では墨汁で貫入にシブを入れているそうで、意外とこの瀬戸で行っているシブ入りの方法はこの地方独特のものなんでしょうか?

 いつも拾うのは市内某所の大きなクヌギの木の下。神社の境内で落ち葉などといっしょに掃除されていたものを見つけて拾ってきました。今年は豊作なのか、今が実が落ちるピークなのか、大きなビニール袋に2つも拾えました。昨年までに集めておいた分はそう多くなかったのですが、これで思う存分シブを入れられますね(というか、何年分あるんだろう?)。あとはどんどん品物を作るだけですね!

 急に冷えるようになりました。風邪には気をつけてお過ごしください。

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif