瀬戸だより 337 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

337号「今週はヘビに囲まれています」という話

2012/12/01発行



sd337r.jpg

前川電光作の干支「巳」置物

 12月です。12月ですよ、もう。
 北海道では雪のために停電も発生しているとニュースで聞きました。寒い中、体調管理もたいへんです。被害を受けている地域の方には、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、干支関係、御題茶碗関係、そしてお歳暮関係と、今週は荷物の出入りがとても多く忙しく過ごしています。モノはあるけど、箱がない。箱が出来ているけど、中身がまだ。そんなちぐはぐもあり、ご注文をいただき、お待ちいただいているお客様にはご迷惑をお掛けしております。
 今月半ばまではこんな毎日が続きそうです。

 来年の干支は「巳」。へび年です。
 干支の置物を作られる作家さんにとっては、最もむずかしい干支の年かもしれません。

 もともと爬虫類が苦手という方はたくさんいらっしゃいます。特にヘビはその中でも特にダメと言われる方が目立ちます。
 干支の置物もあまり写実的に作ると、縁起物とわかっていても置きたくないなんていうことに‥‥。事実、巳年の置物だけは目が合わないようにちょっと横に向けて飾るという話も聞きます。
 また、ヘビは手も足もありません。置物を考える時でもポーズのパターンが非常に少ない‥‥くねくねとのたまわっているか、とぐろを巻いているかくらいでしょうか。くねくねポーズは紐に見えちゃったり、とぐろの場合は◯◯◯を連想させるようで‥‥。そこで、打ち出の小槌や宝袋などのなにか縁起のいいものと組み合わせるというデザインが多いようです。
 また、もともとヘビはシンプルこの上ないスタイルの生き物ですから、抽象的なオブジェのような置物に仕上げるという方法もあると思います。
 ただ、干支は毎年続いていくものですから、十二支並べた時に他の年と作風が全く違っているというのも変です。その年その年の思いつきで変化せず、まとめて並べた時にさらに見応えがするというのが大事に思います。

 本物のヘビは大嫌いという方も、ヘビは昔から信仰の対象になったりするようなありがたいもの。ぜひひとつ飾っていただきたいと思います。
 干支の置物が売られているのを見た時、そのデザインはどこに注意してどう作られているかをよく見て、楽しんで選んでみて下さい。

 寒さ、そして師走の忙しさの疲れ、忘年会の疲れも出やすい季節です。体調に気をつけて、この年末も乗り切りましょう!!

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif