瀬戸だより 266 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

266号 「岩屋堂の季節」という話

2011/07/21発行



sd266r.jpg

夏休み突入!

 今週は台風の通過があったりとバタバタした中、子どもたちはついに夏休み突入です。ちょうど台風の最接近が予想された日が終業式の日。瀬戸の小学校の多くはその前日に終業式を前倒しして対応したようです。おかげでうちの子どもたちも一日早く通知表を持ち帰ってきました。台風は大きな被害もなく無事通過で、学校も休校にはなりませんでしたがね。
 台風通過後は数日は涼しかったものの今日あたりからはまた厳しい日射しと暑さが帰ってくるようです。

 夏が来ると瀬戸で行きたくなるところ‥‥それはもちろん「岩屋堂」ということになります。岩屋堂公園は瀬戸の品野地区にある自然豊かな場所。鳥原川のながれる夏の避暑にもってこいのスポットです。先月は蛍の話題で紹介した場所です。
 子ども連れには特に人気がありますね。それはプール。50メートルのプールはなんと無料!今流行のウォータースライダーとか流れるプールとかそんな大仕掛けは何もありません。何よりもここのプールは自然の水を引き込むため普通のプールよりは冷たくきれいな印象があります。すぐ横を流れる川のせせらぎを聞きながらのプールはいいものです。子ども向けになっています。
 さらに小さい子どもたちに人気なのは、川をせき止めて作られる天然の川のプール!自分の子どもの頃は腰くらいまでの深さだった記憶があるのですが、今は膝くらいの深さになっているようです。小さな子どもでも安心ですね。上流に少しあがっていけば大きな岩があったり深みがあったりと、ちょっとした冒険気分も味わえます。さらに登れば瀬戸大滝が涼しさをさらに演出してくれます。
 暑い夏、子どもの水遊びに付き合うふりをしながら、冷たい水に足を浸すことは大人にも楽しい瞬間です。緑の木陰ともにひととき暑さを忘れさせてくれます。
 この夏は7月27日には「こども水中宝探し大会」が、8月10日には「こども魚すくい大会」ガキ隠されているようです。
 岩屋堂でお薦めなのが、バンガロー村。バンガローと言っても宿泊施設ではなくディキャンプ用の施設です。子ども(小学生)一人100円、大人300円でバンガロー(希望者のみ)は一棟1000円。食材などは持ち込みになりますが、バーベキュー、焼き肉に向いているように思います。かまどと網・鉄板は借りられます。瀬戸から岩屋堂へ向かう途中で瀬戸名物のホルモンなどを買っていくのがいいでしょう。
 夏休み中は毎日営業です。予約が必要となります。沢遊びとセットで子どもと出かけてみてはいかがでしょう。
 今年も「せとなつ」ということでいろいろなイベントが用意されているようです。暑い夏、長い夏休みを楽しく乗り切りましょう!

2011/07/21

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif