瀬戸だより 249 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

249号 「瀬戸に道の駅オープン」という話

2011/03/26発行



sd249.jpg

オープンから2ヶ月。ちょっと落ち着いてきました。(2011年6月撮影)

 2週間「瀬戸だより」をお休みいたしました。
 東北・関東の大震災で被害に遭われた皆さんに心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

 陶磁器の産地でも多大な被害が出ているようです。民芸で有名な栃木県の益子や茨城県の笠間などでも商品作品の被害や窯の破損など被害がでているように聞きました。また、福島の相馬などは今回の事故のおきている原発に非常に近く、地震の被害だけでなく今後がとても心配されると思います。被害を受けた産地・作家・窯元の皆さん、必ず復興できます!伝統、そして窯の火が絶えることなく未来に繋がっていくことを信じて、応援しています。

 瀬戸の街ですが、地震に伴う直接の被害はありません。多少、スーパーなどでは買い占めのような事がおき、電池などが不足しているようですがまったく心配はありません。西日本では電力の心配などはないのですが、コンビニやスーパーでは店内の伝統を一部消すなど節電を行っているようです。日本各地で気持ちはひとつということでしょう。
 被害の少なかった、なかったという地域でも色々なイベントの中止や縮小が行われているようです。こんな時期だからお祭り騒ぎはやめるべきという意見、逆にこんな時期だからこそ元気を出してイベントを続けるべきという意見。どちらも納得出来るというか、間違いというものではありません。被災地が立ち直るまで、被害のなかった地域がしっかり日本の経済を回していく、守っていかなくてはという意見に個人的には賛成です。いつもと変わらず仕事を続け、ものを作りものを売り買いしていかなくちゃいけないと思います。日本中が頑張っていきましょう!

 そんな時期に当たってしまいましたが、26日(つまりは今日)に瀬戸では「道の駅」がオープンします。「道の駅 瀬戸しなの」。場所は瀬戸市内でも窯元の多い地域・品野になります。品野陶磁器センターのすぐとなり(というか駐車場を共用するような場所)になります。瀬戸以外にお住まいの人でも品野陶磁器センターに買い物に行ったとか陶芸体験に行ったという方も多いのではないでしょうか。
 昔の瀬戸の煙突を再現した外観が目を引きます。瀬戸の煙突は外側を金属の枠で囲ったようなスタイルでした。建物本体も登窯を連想させるような感じでしょうか。
 まだ、オープン前で中にはいったことはありませんが、地元で育てられた豚(瀬戸豚)や野菜などが売られるようです。また、瀬戸のグルメ「瀬戸焼きそば」や「ごもめし」などが楽しめる食堂も楽しみです。もちろん瀬戸の器に盛り付けです。
 26日土曜日と27日日曜日は会場祭ということでいろいろなイベントも開催されるようです(予定されていたイベントの一部は中止の模様ですが‥‥)。それに合わせて品野陶磁器センターでも陶器関連のイベントがあるようです!
 何年も前から瀬戸・品野地区を中心に様々な人たちが尽力してのオープンです。これからの地域と観光の拠点になっていってほしいと思います。

 さて、当店は27日日曜日は新城市の「のんほいルロット・軽トラ市」に参加します。今回はスタートして一周年ということで楽しみな軽トラ市になりそうです。当店出店場所は中町交差点からすぐの辺りとなります。5月の節句にちなんだ商品も並べます。ぜひ、お尋ねください!

2011/03/26

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム