瀬戸だより 206 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

206号 「瀬戸市美術館・二つの展示」という話

2010/05/15発行



sd206.jpg

瀬戸市美術館前に展示されている本郷仁さんの作品。
西日に当りキラキラしています。

 初夏の日差しを感じるようになってきました。休みの日など公園の緑の中を散策すると本当に気持ちのいい季節です。

 先週の日曜日には子どもたちをつれて瀬戸市の南公園に。市内中心部、瀬戸市文化センター裏手にある公園ですが、緑が多く、また散策路はかつてここで行われた「ホフマン工事」による山林の回復事業の様子も見ることができます(解説板あり)。ホフマン工事は以前にも書きましたが、植物の力を利用した山林回復の工法。コンクリートで固めるような治山とは違う、時間はかかるけれど自然本位ともいえるやり方です。緑の多い山林を散策しながら、明治期には広大なハゲ山が広がっていたことを考え、先人たちの努力に感謝です(この点では愛知県森林公園の豊かな山林も同様です)。

 さて、散歩の後は文化センターにある「瀬戸市美術館」へ立ち寄りました。現在ここでは、不思議なユニークな二つの展示が行われています。
 ひとつは「陶芸&陶磁器デザイン~愛知県立芸術大学陶磁専攻の20年~」、もう一つは「本郷仁 CAPTURED~とらわれの視覚~」。

 「陶芸&陶磁器デザイン~愛知県立芸術大学陶磁専攻の20年~」は文字通り県芸術大学で学び、国内外で活躍している卒業生60名の作品を展示しています。とても幅の広い個性が並ぶ展示室。なかなか瀬戸に住んでいても、県立大学というところは足を運ぶ機会はありませんね。いろいろな作品を一同に見られるという展示です。

 「本郷仁 CAPTURED~とらわれの視覚~」、こちらは鏡やガラスを使った現代美術となります。子どもを連れての散歩の途中、美術館入口に置かれた作品に引かれるように入場しました。「光の如く、矢の如く」という作品はミラーボールのような作品。作品の前に立ち、覗き込むとたくさんの自分が映ります。子どもたちも前に行ったり後ろに行ったり、右に行ったり左に行ったり‥‥楽しんでいました。「テクノロジーは闇を照らすか」という作品は三角形を張り合わせて作った巨大な立体。中に入って扉を閉じられると自分が万華鏡の中に入り込んだような不思議な空間。上下左右に自分の姿があらゆる角度で‥‥(「がまの油」をちょっと思い出したり)。面白い体験でした。子どもでも楽しめる(子どものほうが楽しんでいた!)企画展です。

 瀬戸市美術館は入場料が一般300円、高大生200円。中学生以下、65歳以上、妊婦、障害者の方などは無料になっていますが、子どもと高齢者などは付き添いで大人も無料で入れたりしますので、ご家族でそろって行くといいですね。
 どちらも5月30日まで、瀬戸市美術館にて開催中。

2010/05/15

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif