瀬戸だより 190 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

190号 「昔の瀬戸は‥‥」という話

2010/01/23発行



SETO_HON.JPG

当たり前ですけど人によって(世代によって)なつかしいと思う写真は違います。

 先週の「瀬戸だより」は発送が遅れてしまいました。送信したつもり、になっていたのが原因です。今週はしっかり、いつものように土曜日へ日付の変わる頃にお届けします。

 もう、半月ほど前の話になってしまうのですが、組合関係の新年会がありました。同じ業界の方たち(ほとんどが業界の大先輩ということになるのですが)と顔をあわせる毎年恒例の行事です。
 新年の挨拶と同時に「どうだった去年は?」「年末の商品の売れ方はよかったか?」なんて会話が交わされます。「きびしかったねー」という答えが繰り返されてもう何年になることか‥‥。なかなか景気の言い話は出ませんね、残念ながら。
 その席で来賓の瀬戸信用金庫さんから一冊の本をいただきました。「せと まち・ひと・くらし いまむかし」。昨年、瀬戸市制80周年を記念して作られた「フォトアルバム」‥‥昔の瀬戸、今の瀬戸の写真を集めたものになっています。

 ページをめくっていくと子どもの頃に見た懐かしい風景もありますが、戦前、それも大正期の写真となると場所の解説を見てもそこがどこのことなのか全く見当もつきません。
 戦前の瀬戸の写真を見ていると非常に活気があることがわかります。その頃はせとものが国内向けにも海外向けにも出荷が伸び、瀬戸の景気も相当によかったようです。「無一文でも瀬戸に行けば食べることには困らない」とか昔はいわれていたようですが、この時代の頃でしょうか。写真にも役場などの建物は立派なものが建てられています。大きな劇場や映画館も中心部には何軒かあり、今はなくなってしまった遊園地やプールの賑わいも写されています。橋の渡り初めの写真などには紋付はかまにシルクハットの正装のおじさんたちがいっぱい!
 瀬戸の職人さんの給料日は月に2回あったといいます。給料日の直後は瀬戸の町はお祭のような人ごみになったとか。今の時代、街の風景はきれいになっていますが、昔のようなごちゃごちゃとした中に感じられたエネルギーはなくなってしまったように感じます。もちろん昔は昔できっと働いていく、生活していく苦労はあったのでしょうが、それを跳ね返す「元気」が人々の中にあふれていたようです。

SESIN.JPG
瀬戸信用金庫栄町支店。
ギャラリーのように陶芸作品が飾られています。

 尾張瀬戸駅から瀬戸川沿いに少し歩いたところに瀬戸信用金庫栄町支店があります。そこで現在、「瀬戸おもひで写真展」として瀬戸の古い写真をパネル展示しています(1月31日まで)。
 この栄町支店はいろいろな展示をするスペースがあったり、普段から瀬戸の陶芸作家の作品が何点も展示してあったりとちょっとしたギャラリーのようになっています。瀬戸の街を歩きながら巡るという時には(駅からすぐの通り道になるでしょうから)ちょっとお薦めですね。

 今、趣味でカメラを持って街の様子など撮っていたりするのですが、子どもたちや孫(!?)の時代には現代の風景が「えー!これが駅前なのー!」とかいわれているのでしょうね、きっと。

2010/01/23

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム