瀬戸だより 178 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

178号 「四つの姉妹都市」という話

2009/10/31発行



sd178.jpg

利川市のモニュメント。
壷がカットされ、重なるようなデザイン。
でっかいふたつは金属のようですが、小さい方から三つは
韓国の陶磁器、象眼青磁・辰紗・三島となっているようです。

 インフルエンザ。瀬戸でも流行しています。毎日、学校から学級閉鎖のお知らせがあります。新型はうつりやすいだけに注意が必要です。手洗い・うがいが一番予防には効果的のようです。皆さん十分に気をつけてお過ごしください。万一、罹ってしまったら早めに医者に掛かりましょう。

 少し前に、瀬戸蔵前を通ったら芝生の中に何やら大きな板で囲われたものがありました。いったいなんだろうと思っていました。つい先日見たところ、板が取り払われて壷型のオブジェが‥‥。姉妹都市である韓国・利川市の「交流記念モニュメント」ということです。
 今月の初め「せと・やきもの世界大交流2009」ということで、瀬戸と姉妹都市になっている各都市によってのシンポジュームや物産展、ステージなどが行われています。それにあわせて、除幕が行われたようです。

 瀬戸市の姉妹都市は現在4都市。人口13万人の街で海外4都市と姉妹都市になっているというのは、かなり多いほうじゃないでしょうか。中国の景徳鎮市、フランスのリモージュ市、チュニジアのナブール市、大韓民国の利川市。どれも陶磁器の生産地として有名な都市となっています。
 陶芸やその他の文化交流も結構盛んに行われているようで、周りでも「アフリカ(ナブール市)まで行ってきたよ」(かなり遠いのでたいへんでしょう)とか「今度、韓国(利川市)行ってくる」(こちらは比較的近いですね)なんてこともよく聞きます。
 一番先に姉妹都市になったのは中国・景徳鎮市で1996年のこと。後はリモージュ市2003年、ナブール市2004年、利川市とは昨年2008年4月の調印となっています。時期的に見て瀬戸市が万博誘致や開催を通して、国際交流に力を入れた結果という感じですね。国内都市との姉妹都市の調印というのはありません。

 先にも書きましたが、都市同士の繋がりは陶磁器なんですが、製陶技術はもともと大陸から伝わってきた部分が多いので、中国・韓国は技術的・歴史的に何か関係があっても不思議じゃないですね。
 見知らぬ外国の文化や生活を体験できる機会が増えるという点では、姉妹都市というのも面白いですね。

 私は残念ながらどの都市も訪れたことがありません。交流に行った方の土産話を聞くばかりです。陶芸関係の方からたまにその土地の土や窯の話、出来上がる陶磁器の話も聞きますが、一番盛り上がるのがやっぱり食べ物の話。チュニジアのクスクスはパサパサして‥‥とか、やっぱり本場のキムチはうまかった‥‥とか、土産話は「花より団子」が中心のようですね。

2009/10/31

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif