瀬戸だより 164 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

164号 「釉を掛ける」という話

2009/07/25発行



sd164.jpg

同じ窯元の織部ですが、釉の掛け方で織部の濃さに違いが‥‥。
この画像では分かりにくいですが、実際には結構な差。

 今週の日食は皆さん、見ましたか?全国的にあまり芳しくないような天候だったようですね。瀬戸ではやはり曇りの空。それでも、雲の切れ間に少しずつ欠けていく太陽を見ることが出来ました。一番掛け方が大きくなるといわれた11時を回った頃からは完全に雲の中に入ってしまいました。ちょっと残念でしたが、一応見ることは出来たわけです。

 せともの作りと言うと思い浮かぶ作業といえば、まずロクロでしょうか。見る見るうちに職人さんの手の中で土がさまざまな器の形に姿を変えていく様はまるで手品を見ているようです。あるいは絵付けの作業。繊細な呉須の線、大胆な鉄絵の線。絵付けの職人さんがいとも簡単そうに引ていく線はなかなかまねることが出来ません。
または窯焼きの作業。ゴーゴーと響く炎。昔なら薪ですが、今はガスが主流。窯の形や燃料はさまざまですが、陶器つくりの最後を締めくくる一番華々しい作業かもしれません。

 この窯に入れる前の作業に「釉掛け」というものがあります。説明するまでもないですが、土から作り出した素地に釉薬を掛ける作業です。素地に‥‥と言いますが、瀬戸の場合は素焼きをしたものに釉薬を掛けるというのが半分くらい、土を乾燥したままでという「生」に掛けるというのが半分くらいという感じでしょうか。

 窯元で釉掛けの作業をしているのを見ると、すばやく釉をくぐらせて網などに伏せていく、ある程度乾いたらもう一度口元の釉薬をきれいに仕上げていきます。または二人が向かい合わせで、ひとりが釉薬を掛けるとすぐ次の人が仕上げていくなんていう場合もありますね。最後に釉が着くべきでない場所の(たとえば高台などの)釉を拭きあげて釉掛け終了となります。
 この釉掛けという作業、見た感じではただ大きなバケツに入れられた釉薬の中にザバッザバッとくぐらせているように見えますね。でもやってみるとこれがかなり難しい‥‥。感覚や経験というのがかなり必要な作業です。窯元で釉薬を掛ける職人さんが替わったりすると、出来上がりもずいぶん違ってきます。
 出来る限り均一に釉が掛かるようにしなくてはいけません。それに均一に掛かればいいというものでもなく、ある程度の厚みがなくてはきれいな発色をしてくれない、または厚みによって印象がずいぶん変わる釉というのも少なくないです(織部なんか特にそう感じます)。しかも釉薬というのは、石や灰が成分になるので、すぐ沈殿していってしまいます。かき混ぜながらの作業です。想像以上に神経を使います。

 よく湯飲みなどの釉掛けを見ていると(文字で書くとわかりにくいと思いますが)、高台の部分を持って釉に口元を沈めて、軽く手首を返すように上に引き上げると、「カポッ」という音とともに器の内側に簡単にきれいに釉が掛かります。簡単そうに見えて、楽しそうなんですよね。これがやってみたくて何度も挑戦していますが、なかなかうまく出来ません。職人の技なんですね、やっぱり。
 

2009/07/25

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム