瀬戸だより 157 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

157号 「分・厘・貫・斤・両‥‥」という話

2009/06/06発行



sd157.jpg

高台から瀬戸市内を望む。
瀬戸中心部にもマンションが増えてきました。

 6月です。古くからの静岡のお客様から新茶をいただきました。子どもたちの学校でもプールの授業が始まりました。「夏の始まり」ですね。

 どの業界、仕事の分野でもその仲間内で通じ合う符牒というものがあるようです。お客さんや部外者にはわからないまま、お互いに情報をやり取りするというのは昔も今も必要な場面が多いようですね。
 聞いた話ではデパートなどでは雨が降り出した際に店内のBGMに雨にちなんだものが流れ、傘を売り場の前に出したり、紙袋にビニールを掛けたりと「雨対策」をしたりもするようですね。また、売り場を離れてトイレに行くときに他店員にそれを伝える合言葉のようなものもあるようです。

 せとものに限らず問屋さんなどで、「お客さんにわからず仲間内で」という情報の最たるものは「数字・金額」ということになるでしょう。お客さんを前に商談をしながら、業者間で仕入値などの情報を交換したりするときには「○○円で」なんて具体的な数字を言いにくい、というか言えませんね。そんな時、瀬戸の問屋さんの間には共通する独特の符牒があったようです。
 「分・厘・貫・斤・両・間・丈・尺・寸・マル」。これがそれぞれ1234567890に対応します。「尺マル」といえば80、厘両といえば25を示すことになります。貫両と言われて、即座に35と理解できるようになるには、それなりに慣れというかトレーニングは必要になります。また時代や業者間などによりもちろん多少の違いもあったようです。
 こんな内部情報のようなものを書いちゃっていいの?‥‥と心配される方もいるかもしれません。でも、この符牒はいろいろな瀬戸物の本などにはしっかり紹介されていることも多いので(今回も「原色陶器大辞典・淡交社」を参考にしています)大丈夫です。たぶんネットで検索しても、出てくるのではないでしょうか。
 それと最近は使うことはないようで、私自身20年近く瀬戸でせとものを扱う仕事をしていてもこの符牒を使ったり聞いたりしたことはありません。以前一度、よくお邪魔するカメラ屋さんの親父さんが冗談で値段をこの符牒を言ったことがあったのですが、私は「???」でした。年配のせともの屋さんたちは実際に使っていたようです。何しろカメラ屋さんまで知っているくらいですから、ある年代以上の瀬戸の人ならみんな使っていたのかもしれませんね。

 今も各問屋さんや業者さんの中では独自の符牒は使われているようです。うちの店にもありますが‥‥もちろん、それは「秘密」です!

2009/06/06

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif