瀬戸だより 149 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

149号 「陶祖まつり」という話

2009/04/11発行



sd149.jpg

各町内の子ども獅子。これも陶祖まつりの風景。

 瀬戸市内の桜も今週は満開となりました。今日明日はお花見にはいい日になりそうです。もうすっかり春ですね。

 春といえば来週末は「陶祖まつり」ですね。今年は4月18日の土曜日と19日の日曜日は瀬戸市内でもいろいろなイベントが行なわれます。

 陶祖まつりの「陶祖」についてはこの「瀬戸だより」でも何度か紹介してきました。瀬戸の地に中国より進んだ陶器の製法をもたらしたとされる加藤四郎左衛門景正の遺徳を偲ぶお祭です。この陶祖・藤四郎(瀬戸ではこう呼ばれます)をお祭しているのが陶彦神社。瀬戸市の中心にある深川神社の中にあります。土曜日にはパルティせとから陶彦神社まで恒例の御物奉献行列も行なわれます。
 9月のせともの祭と比べると小さな規模ですが、いろいろな陶器の展示やせともの楽市やせと窯元直販処などせとものの販売も行なわれます(重ねて言いますが、せともの祭とは全く雰囲気は違います)。

 瀬戸に生まれ育った人たちにとっては陶祖まつりといえば、揃いの法被を着て、各町内会からお獅子を担いで近くの神社までお参りに行ったという思い出があるのではないでしょうか。今年も19日の日曜日には市内各所でそんな姿が見られることでしょう。
 神社から町内に帰ってくると、袋詰めされたお供えのお菓子が配られる‥‥子どもにとっては楽しいお祭でしたね。

 現在の瀬戸市内を見てみると、最近開発の進んだ団地やマンションの多い地域を除けば、古くからの市街地などはずいぶん「少子高齢化」が進んでいます。お獅子に集まる子どもよりもそれについていく大人のほうが数が多い‥‥なんてことはよくあることで、本当に子どものいない町内などは大人が獅子頭を抱えて神社まで歩く‥‥なんてこともあるようです。
 うちの町内でも(旧市街地といってもいい場所ですので)子どもはずいぶん少なく、お祭の手伝いに行くとお年寄りなどから「昔は菓子の袋も何十個と用意していたけれど、今はこんな少しで足りてしまうんだねー」という声が聞こえてきます。子どもが少ないというのは、やっぱりさみしいですね。

 名古屋市内から見れば、中心の栄町から40分程度で尾張瀬戸駅まで着いてしまいます。瀬戸周辺の名古屋のベットタウンと呼ばれるような地域と比べると、まだまだ不動産の価格が手ごろなのも「瀬戸市」。これからも若い世代の多い地区と年寄りの多い(というか年寄りばかりの)地区との差がより鮮明になっていくのかな‥‥とお祭のお獅子を見ながらいつも思います。

2009/04/11

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif