瀬戸だより 142 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

142号 「とうめい新聞廃刊」という話

2009/02/21発行



sd142.jpg

廃刊を知らせるとうめい新聞の紙面と休刊を知らせる新聞屋さんのチラシ。
廃刊でも休刊でも同じことか‥‥。

 瀬戸市は人口13万人ほどの街ですが、日刊の地元新聞があります。エリアとしては瀬戸市と隣の尾張旭市、長久手町となる「とうめい新聞」というのがその新聞です。歴史としては戦後に発刊されて(と記憶しているのですが)、平成6年まで続いた「しんあいち」という新聞の跡を引き継ぐ形でスタートしました。その「とうめい新聞」が今月いっぱいで廃刊となるようです。

 見開きにもなっていない一枚の新聞ですが、毎日夕刊とともに届けられていました。時代とともに発行部数が減少、広告収入の落ち込みが進み、廃刊との決断になったようです。

 内容は文字通り地元密着。市政の記事や地域経済のこと、お祭や文化活動のことなど大手新聞の取り上げないような部分をフォローするものが魅力でした。コラムや連載小説まであり、小さな新聞でもなかなか盛りだくさんの内容でした。以前は日々の給食の献立なんかも載っていましたね。
 小中学生の感想文や各種コンクールの結果、地域のスポーツ大会の順位など入選作が紙面を飾ることも多く、自分の子どもの頃は(その頃は「しんあいち」でしたが)そうして紙面に名前が載ることが誇らしく感じました。たぶん今の子どもたちにとっても同じ思い出があるのではないでしょうか。

 救急車の出動記事はいつどこに出動してどこに搬送したかがすべて載っています。今でこそ「○○町の男性(70歳)」のような書き方ですが、昔の「しんあいち」新聞時代はすべて実名で載せられていました。今のようにプライバシーの保護が重要視される以前の昭和の思い出になっています。

 連載記事も多かったのですが、「瀬戸街角100景」は人気があったのではないでしょうか。100景とタイトルはなっていますが、200回を超える連載になっており、21日の214回を持って終了するようです。この連載を書かれている末広写太さん(もちろん本名じゃないですよ)のホームページではその1回目からの記事が保存公開されています。瀬戸の街角で気になったもの・ことをカメラに収め独特の視点から記事を書かれています。これも最終回となってしまうのは本当に残念です。

 そして、たぶん一番新聞を購読していた人が助けられたのが「死亡広告・記事」とおもいます。私自身も仕事先や知り合いの不幸をこの紙面で知り、義理を欠かずにすんだということはかなりの回数あります。

 小さな新聞ですが、その地域にとっての役割は想像以上に多かったように感じます。これは実際に廃刊となった来月以降にもっと感じるのでしょう。「とうめい新聞」のスタッフのみなさん、お疲れ様でした。

(今回はいつも以上にローカルな話題になってしまいました‥‥)
 

2009/02/21

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif