瀬戸だより 138 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

138号 「作品と言葉の関係」という話

2009/01/24発行



sd138.jpg

特に内容とは関係のない画像です。駅前のパルティせと。

 昨日は暖かく、今日はまた冷え込む。この季節は体調管理が難しいものです。インフルエンザで瀬戸市内の学校でも学級閉鎖増えてきました。
 学校と言えば、今週は何者かが瀬戸市内のいくつかの学校に児童に対して危害を加えるという予告電話がかけられるという事件がありました。現在、具体的な犯行はおきていませんが、朝夕の登下校の時間帯には警察のパトカーはもちろん、ヘリコプターも飛び交って警戒が続いています。早く解決して欲しいものです。そういえば、少し前には横綱・朝青龍に対する脅迫騒ぎもありました。それで火がついたのか今場所は引退の噂さえあった朝青龍がその強さを際立たせていますね。

 さて、今回は名古屋市で開催中の日展のレポートと思っていたのですが、何かと忙しくまだ見に行けないところです。

 最近は個展はもちろんこのような公募展の場でも、作家による作品解説という時間が設けられていることがよくあります。陶器を楽しむ側にしてみれば、作家自らがその作品の魅力や苦労話などを聞くことができるというのはすばらしい機会ですね。
 制作者がその制作意図などを解説・プレゼンを行なうというのは、現代の美術世界ではどの分野でも当たり前になってきたということでしょうか。非常に解説のうまく、見に来た人たちの心をつかむようなプレゼンをできる作家さんというのも少なくないでしょう。しかしながら、昔ながらの職人気質の雰囲気を持つ作家さんというのもまたいます。作品そのものがすべて、「いちいち口で説明しなくても見てもらえればわかるでしょう」というような感じでしょうか。ある意味、見ている側が作品の良し悪しやその魅力などを見出せる能力があるか否か、作家自身も作品のみでそれを伝えられるかどうか‥‥それぞれが緊張する瞬間でもありますね。
 以前に公募展の会場でまだ若い作家が自らの作品の解説をしていました。かなり緊張した面持ちでした。周りを囲むお客さんから「どうしてこのような形にしたのか」「この作品のどこを一番見て欲しいと思っているのか」などの質問が出ていましたが、「‥‥いゃあ、特には‥‥」「別に‥‥」などというあいまいな言葉が続きました。見ていて「釉の流れを見せる面が複雑に変化している点が面白いよ、そのための形でしょ。流れの変化でしょ、見どころは!」などといいたいほどでした。
 反対に自分作品を語り始めると止まらなくなるような方も‥‥。その方のそんなところは以前から何度か見ています。始めは熱心に聴いていたお客さんもちょっとうんざりし始めたら、もうやりすぎですね。作品はいいのに、残念‥‥っていうことになっちいそうです。

 語ることによって見る側はより深く鑑賞てきます。しかし、語りすぎると作品自体のもっている奥行き(それは見る側個々が自ら感じるべきもの)が薄くなる気がします。作品と言葉の関係‥‥そのバランスは微妙ですね。

2009/01/24

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif