瀬戸だより 136 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

136号 「瀬戸市歌を初めて聞く」という話

2009/01/10発行



sd136.jpg

正月の空。

 正月休みもあけ、仕事も始まりましたね。

 5日月曜日に瀬戸蔵で新年祝賀式が開かれ、たくさんの人が集まりました。私自身はこんな集まりに出るのは初めてのことです(何か偉い人ばかりの出席です)。今年度は学校のPTAの仕事をさせていただいていますので、その関係での出席です。

 そこで(40年以上瀬戸にいるのに)初めて瀬戸市歌が歌われるのを聞きました。そんな歌があることは知っていましたが、全く聞いたことがなく一度聞きたいと思っていました。

 一 千古にきよき 猿投山
   朝(あした)に夕に 仰ぎつつ
   歴史に栄えて 陶業の
   輝くその名 かくれなく
   ああ 大瀬戸市 光あり

 二 渦巻くそらの 窯けむり
   地にはロクロの 玉の業
   生命(いのち)こめて 焼く窯に
   伸び行く意気は 火ともえる
   ああ 大瀬戸市 力あり

 三 陶祖と磁祖の ますところ
   その名四海(しかい)に さんぜんと
   工業かおり 人和して
   無限の土と 伸び進む
   ああ 大瀬戸市 希望(のぞみ)あり

 四 花咲く文化 産業の
   ここに輝く 土の幸
   世界の海の 果てまでも
   讃えよ誇れ 高らかに
   ああ 大瀬戸市 誉あり

 瀬戸市制20周年を記念して、昭和24年に作られたものです。その頃は瀬戸の窯業も栄えていた時代であり、歌詞のひと言ひと言に自信と誇りが込められていますね。最近は窯業の衰退をよく聞きますが、この歌のように誇りを持って頑張っていきたいものです。

 さて、その会の中で市長や市議会議長などの挨拶中で何度も出てきたことは、今年は瀬戸市制80周年を迎えるということ。昭和4年、隣接の村を合併し愛知県の中で5番目の市として誕生したそうです。
 また、愛・地球博の瀬戸会場跡地が整備され、3月には天水皿nを中心とした記念公園としてオープンします。
 「産業観光」という言葉も何度も聞かれました。きっといろいろな記念事業も企画されているのでしょうね。

2009/01/10

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif