瀬戸だより 115 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

115号 「ただくさ と すやくる」という話

2008/08/16発行



sd115.jpg

何かのイベントでいただいた地元密着のFMラジオRADIO SANQのうちわ。
「瀬戸弁 番付」。瀬戸弁でも代表的なものが載っています。
結構奥深いものがありますね。

 せともの祭りまで、もう一ヶ月となっています。
 ポスターも街角に貼られるようになりました。このポスター、毎年瀬戸窯業高校デザイン科の学生さんの描いた中から最優秀のものが採用されています。個性的な楽しいポスターで、これを見るのもせともの祭の楽しみの一つですね。
 出店の皆さんは準備進んでいますか?今年もたくさんのお客さんが集まってくれることと思います。

 今日は瀬戸の言葉について少し‥‥。
 瀬戸で昔から使われる言葉には名古屋弁や尾張弁とも少し違う部分もあり「瀬戸弁」と呼ばれていたりします。
 その瀬戸の言葉の中に「だだくさ」と「すやくる」という言葉があります。

 「だだくさ」。これは「雑にものごとをあつかう」「無駄に使う」という意味です。子どもの頃はノートや画用紙を無駄使いしたりすると「そんなだだくさな使い方をするな!」なんておこられました。
 「すやくる」という言葉は「手抜きをする」というような意味です。「すやくった仕事」といわれれば「本来もっとうまくやれるはずの仕事を手抜きしたね」ということになります。

 「だだくさ」「すやくる」。どちらもいい加減な仕事に対する戒めの意味を持つ言葉です。
では逆によくできた仕事をほめる意味の言葉があるかといえば、特別に思いあたりません。私が知らないだけで何かあるのかなー。某人気テレビ番組で鑑定士が言う「いい仕事ですねー」にあたるような瀬戸の言葉はないように思います。
 想像すると瀬戸の職人・陶工たちにとってはいい仕事をすることは当たり前のこと、あえて言葉に出すことはないと言ったところなのでしょうか。逆にいい加減な仕事に対しては物申す‥‥そんな気がします。

 「すやくった仕事ばっかりしとるもんだで、ワヤになってまった」と言われれば「手抜き仕事ばかりをしているから、すべてが台無しになってしまった」というような意味です。陶器づくりの仕事はチームワークが大切。誰か一人でも途中で手を抜くとすべてはいいものはできてきません。「すやくっとったら、あかんぞ!」と言われないよう暑くても頑張っていきましょう!

2008/08/16

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif