瀬戸だより 104 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

104号 「瀬戸川の陶壁~その1」という話

2008/05/31発行



sd104.jpg

草というものの生命力はすごいですね。

 瀬戸川は瀬戸市の中心部を東西に流れる瀬戸のシンボルと言ってもいい川です。
 遠くから瀬戸に観光や買い物にいらした方は駅を降りればすぐ川が目に入ってきます。車で来ても川沿いの道を走ることなく瀬戸を見学することは難しいでしょう。
 その瀬戸川にかかる橋は織部や志野など瀬戸を代表するいろいろなせとものの技法や釉薬をテーマに飾りつけがなされ、橋を巡るだけでも陶器好きの方は十分楽しめるのではないでしょうか。
 瀬戸川にはまたところどころに地元作家や住民たちの手による陶壁が設置されています。今回はその中の一つの話。

 瀬戸駅を降りて川沿いに西(つまりは下流)に100メートルほど進むと瀬戸川の対岸に白い陶壁が見る事ができます(南橋と瀬戸橋の間)。高さ3.4m、長さ48mといいますからかなりの長さの作品です。これは地元瀬戸の陶芸作家・加藤清之さんの制作によるもので「愛知 88’」というタイトルが付けられています。タイトルにもあるように88’、つまり昭和63年に作られたものです。もう20年間この場所を飾り続けているという事ですね。

 完成当時は尾張瀬戸駅の正面に位置していました。現在瀬戸蔵ミュージアムにかつての尾張瀬戸駅が再現されていますが、あの駅と陶壁が瀬戸川をはさんでありました。その後、駅は100mほど東に移動してしまったので、「駅前の陶壁」ではなくなってしまい、なんとなく中途半端な位置になってしまっています

 加藤清之さんといえば独特なスタイルを持つオブジェ作品でファンも多い作家さんです。この瀬戸川の陶壁は光沢を抑えた白釉が施された810ピースからなる本当に大きな作品です。
モノクロームで都市や廃墟などをイメージするようなその作品世界をそのまま巨大化したような印象ですね。
 護岸に設置されていますがその作品の前は草の生い茂る、降りることのできない川岸となっています。できればすぐ近くで見たいのですが、それは残念ながらできません。そのせいか作品には風雪や排気ガスなどで表面は薄汚れて、陶壁のピースとピースの間からは草も多く生えてきてしまっています。「せっかくの陶壁がもったいない」「草に埋もれてしまうようで手入れをして欲しい」というような声もよくあるようです。
 作家の意図はどうかわかりませんが、私個人は白い壁が汚れ、草も作品の間から生えていることがこの作品の魅力を高めているようにすら感じてしまうのです。作品から感じる廃墟や都市などのイメージがさらに強調されているのではないでしょうか。瀬戸川にある陶壁の中で私が最も好きな陶壁です。繰り返しになりますが残念なのは、駅前からずれてしまい非常に目立たない存在になってしまっていること。ぜひ、電車で瀬戸に訪れる機会があればちょっとだけ川沿いに下って、この陶壁を見てください。南橋の上から見るのがお薦めです。

sd104_2.jpg
しかしちょっと夏場は草はえすぎですね‥。

 ちなみに加藤清之さんの陶壁は愛知県陶磁資料館にもあります。こちらは本館の吹き抜け部分ですので瀬戸川とは違い縦に長いものです。色も黒となっています。比較して見るとより楽しめるかと思います。

2008/05/31

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif