瀬戸だより 022 of せとものの話をしませんか〜加藤兆之助商店〜

メールマガジン「瀬戸だより」のバックナンバー集。画像や情報の追加もあります。
◇注意◇このページ記載の日付・内容などはメールマガジン発行時のものです。ご注意ください。

 瀬戸だより ~せとものについて話しませんか~

022号 「お薬師さんとあめんぼ」という話

2006/11/04発行



sd022.jpg

今年、11月8日のお薬師さま。飴を買って帰りました。

 11月になりましたね。今年も残すところあと2ヶ月になりました。
当店でも干支置物や勅題茶碗など年末に向けての商品を揃えてご来店をお待ちしています。

 11月といえば宝泉寺さんのお薬師さんの縁日があります。

 宝泉寺は瀬戸の窯垣の小径の入口、寺本町にあるお寺。檀家としてわが家もいつもお世話になっています。毎年11月8日・12日の薬師如来の縁日ということで、夜には多くの人たちが参拝に訪れます。
 子どもの頃、「おやくしさん」というのを瀬戸風の言い回しか「おやくっさん」と父や大人たちが話すのを聞いていたせいで、薬師如来の縁日となかなか結びつきませんでしたね。瀬戸では数少ない縁日らしい縁日というか、とにかく懐かしい感じのする縁日です。
 多くの露店が並ぶのが特徴で、いろいろな食べ物を売っています。いかやき、たこやき、お好み焼き、りんご飴に天津甘栗などなど……。その中でも、昔からこの縁日は「あめんぼまつり」ともいわれ、飴を買って帰るのが楽しみのひとつです。素朴な手作りの飴でこれまた懐かしい感じです。うちの子どもたちは山門のそばにある「サメつり」がお気に入りのようで、毎年それがお薬師さん楽しみのようです。大人にとっても子どもにとっても、夜の露店・屋台は魅力的ですね。

sd022-1.jpg

こんな感じの飴

 かつては瀬戸川沿いからお寺の門前まで、狭い道沿いに露店が並び歩くのも大変でしたが、昨年くらいからでしょうか、露店もお寺の敷地の中にかためられるようになりました。
 本堂に入ると正面左側奥に薬師如来がおまつりしてあり、時間ごとに多くの僧侶が読経をあげています。とくに目の病には霊験があるといわれています。壁にある「おんころころ……」というおまじないの言葉を繰り返しながら参拝します。
 昔は「お薬師さん」の縁日というとすごく寒かった記憶があるのですが、最近は温暖化のためかあまり寒いとは感じなくなってきました。子どもの頃はみんな冬でも半ズボンだったからでしょうか。
 今年は12日が日曜ですので、いつもより混むのではないでしょうか。楽しく懐かしいお祭りです。お近くの方はぜひお出かけください。参拝した後はあめを買って帰りましょう。

 宝泉寺さんも瀬戸の古いお寺ですので、まだまた書きたいことはいっぱいありますがそれはまた別の機会に。

 夜など寒くなってきましたが、風邪などひかないように暖かくお過ごしください。
 では、また来週。

2006/11/04

20x20.gif
20x20.gif

●ご注意●

 メールマガジン「瀬戸だより」の内容のすべてあるいは一部をホームページ・ブログ等への無断転用を禁止します。
 最近無断で当メールマガジンをそのまま転載しているブログ等があるようです。無断転載については、メールマガジンの配信停止などの措置をとらせていただく場合もあります。
 また、そのようなサイトは当店とは一切関係ありませんので、ご注意ください。

20x20.gif
amazon_link.gif
20x20.gif

20x20.gif

メールマガジン「瀬戸だより」!

メールマガジン「瀬戸だより」瀬戸のこと、せとものの話題を2006年のスタート以来、休まず毎週土曜日お届けしています。せとものについて知りたい、瀬戸を訪れてみたい方はぜひどうぞ!!
登録はこちらから‥‥

mglogo_c2.gif

『瀬戸だより~せとものについて話しませんか~』(ID:0000198183) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム



20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif

20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif
20x20.gif